DIESELの腕時計ケースのお手入れ

| コメント(0) | トラックバック(0)
腕時計のパーツ名で、ベルトやダイヤルはわかりますが、文字盤がついている部分を何というかご存知ですか。

DIESELの腕時計は、ケースが特徴的で、見た目の迫力やかっこよさもケースを一目見て伝わってきます。

そんなケース部分は、一日使えばけっこう汚れてしまいます。

夏場だけでなく冬場にも皮脂や汗が腕時計に付着してしまうことがあり、それを放置しているとサビたり、腐食したりする可能性があります。

腕時計は、きちんとお手入れしてあげることで、長く使い続けることができるのです。

一日使い終えた腕時計は、はずしたらまず柔らかい布で拭いてください。

それから、歯ブラシのようなブラシなどでよごれをきれいにしてください。

ケースの裏面である腕に密着している部分は特に汚れ易いので、丁寧にゴミやよごれを落とす必要があります。

お手入れに使う歯ブラシは、できれば柔らかめのものを使うことで、傷つけずにきれいに汚れを取り除くことができます。

こうすることで、時計の寿命を少しでも延ばすことができ、お気に入りを長く使い続けることができるのです。

※レザー/ 皮ベルトのDIESELアイテムなら、絶対ディーゼル DIESEL 腕時計 DZ1295 メンズ ブラック アナログ レザーです!

わかりきっていることですが、ディーゼルの時計は海外ブランドです。

日本未発売のものが非常に多く存在します。

ただ、こちらのショップでは、そんな希少モデルが手に入りますので一度ご覧になってみてください。
ディーゼル(DIESEL)腕時計通販専門店|ディーゼル天国

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.it-tries.net/mt/mt-tb.cgi/94

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwa4が2013年5月15日 18:19に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「男性物と女性物でデザインも用途も色々」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。